テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
自衛隊の転機 : 政治と軍事の矛盾を問う
柳澤協二著
-- 日本放送出版協会, 2015.9, 238p. -- (NHK出版新書 ; 470)
ISBN : 新<9784140884706> , 旧<4140884703>
 
関連書籍を探す
憲法九条の下、専守防衛の軍として戦後、一発も実戦で撃たなかった自衛隊。集団的自衛権行使と国連PKOでの武器使用拡大路線で、自衛隊の役割はどう変わるのか。日米同盟と憲法のはざまで、悩みながら海外派兵の実務を仕切ってきた元防衛官僚が、発足以来六〇年の矛盾に向き合い、拙速な法改正に異を唱える。どんな大義のために、殺し殺されるリスクを、自衛隊に負わせるのか。国民の覚悟を問う一書。冨澤暉氏(元陸上自衛隊最高幹部)、伊勢崎賢治氏(元国連PKO幹部)との白熱の鼎談を収録!
第1章 自衛隊を取り巻く矛盾(自衛隊と「国民」をつなぐ
変わりゆく時代のなかで
矛盾の限界)
第2章 鼎談・前線からの問題提起(政治の論理と現場の乖離
好戦的に変わったPKOと、自衛隊員のリスク
憲法と集団的自衛権
誰が責任をとるのか
日本はどう貢献するのか)
第3章 いまこそ自衛隊から平和を問い直す(国民の期待と自衛隊内の不満
リスクを理解しているか
日米同盟を考え直す
イラク派遣の成果
海外派遣の課題
政治と自衛隊、憲法の論点)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP