テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
サウジアラビア現代史
岡倉徹志著
-- 文藝春秋 , 2000 , 246p. -- (文春新書 ; 107)
ISBN : 新<9784166601073> , 旧<4166601075>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
石油とイスラームと。
国際テロリスト、ラディンはなぜこの国に生まれたのか?
中東現代史の皮肉がそこにある。
第1章 アラビアとイスラーム—イスラーム誕生以前、そこは部族社会だった
第2章 アブドゥルアジーズの戦い—宿敵イブン・ラシード家を倒すまでの道のり
第3章 ヒジャーズ征服—聖地奪回、国家統一で最も腐心したことは?
第4章 王国の成立と獅子身中の虫—不満部族反乱、隣国の横槍に苦悩する新王国
第5章 石油の発見—米英の石油開発競争は王家に莫大な金貨を…
第6章 アメリカへの急接近—パレスチナ問題を残しつつ親米路線へ向かう
第7章 アラブ民族主義の嵐の中で—「砂漠の豹」を失った王家の疾風怒濤の10年間
第8章 意欲的な国土開発—「福祉国家」への変貌を狙うファイサルの戦略
第9章 石油武器の発動—第四次中東戦争に際し、遂に「石油を武器」に
第10章 2つの戦争の間で—イ・イ戦争から湾岸戦略にいたるまでの模索
第11章 初「議会」は開設されたが—真の近代化・民主化を問われる王家の今後は
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP