テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テロリズムとは何か
佐渡龍己著
-- 文藝春秋 , 2000 , 219p. -- (文春新書 ; 124)
ISBN : 新<9784166601240> , 旧<4166601245>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
テロリズムは戦争である。
心の戦争である。
この戦争では、血が流れる負傷よりも、心に受けた傷の方が重大である。
人質になった人、その家族、その人に関係する企業、そして社会の人々の心に、時空を超えて傷を残す。
テロリストは見えない、テロリズムには戦線はない。
敢えて言うならば、人の心が戦場である。
テロリストは恐怖によって人の心を支配しようとする。
ただ、この心という戦場でのテロリズムという戦争が二一世紀を迎えるにあたって、新たな段階へと進んでいることは確かである。
本書では、そうしたテロリズムの変化と長い進化の歴史を描き出してみたいと思う。
第1章 警告!テロリストが日本人を狙っている
第2章 テロリズムとは何か
第3章 テロリズムの歴史
第4章 テロリズムの兵法
第5章 目覚めよ、日本
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP