テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
石油神話 : 時代は天然ガスへ
藤和彦著
-- 文藝春秋 , 2001 , 198p. -- (文春新書 ; 152)
ISBN : 新<9784166601523> , 旧<4166601520>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
戦前・戦後を通じて「戦略物資」として捉えられてきた石油が、いまも最も重要なエネルギー資源であることに変わりはない。
そこからメジャー神話、OPEC神話、枯渇神話も生まれてきた。
ことに、石油を求めて太平洋戦争に突入し、二度の石油ショックを体験してきた日本人は、これらの神話を未だに信奉している。
けれども、神話が黄昏の時代に入った現在、古びた認識は改めなければならない。
人類が「新たなエネルギー危機」を招かないために—。
第1章 石油危機の虚像と実像
第2章 カジノ化する石油市場
第3章 石油は近い将来、枯渇してしまうのか
第4章 OPECの市場支配力は本当に衰退したのか
第5章 遠くなるセブン・シスターズ時代
第6章 二十一世紀は天然ガスの時代
終章 カオスか、安定か
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP