テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
インドネシア繚乱
加納啓良著
-- 文藝春秋 , 2001 , 220p. -- (文春新書 ; 163)
ISBN : 新<9784166601639> , 旧<4166601636>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
スカルノによる革命と独立、スハルトによる開発独裁のあと、なぜスハルトは倒れ、なぜ「スカルノの娘」は大統領の座を逃したのか。
外島の反乱、汚職と腐敗、通貨危機、ジャカルタ暴動、「民衆の祭典」としての総選挙…。
イスラムと民族主義の二大潮流が渦巻くなかで、国家新生に向けて模索するグス・ドゥル政権は、何をなそうとしているのか?
インドネシア研究の第一人者が間近で見た民衆のうねりに、それらの疑問を解くヒントが隠されていた。
第1章 間近で見た経済・政治危機
第2章 スハルト退陣後のインドネシア
第3章 出直し総選挙
第4章 インドネシアの過去と現在
第5章 メガワティ、束の間の勝利
第6章 ハビビからグス・ドゥルへ
終章 「七色の虹」の行方
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP