テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
県民性の日本地図
武光誠著
-- 文藝春秋 , 2001 , 245p. -- (文春新書 ; 166)
ISBN : 新<9784166601660> , 旧<4166601660>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「おクニはどちらで?」
「○○県です」「ホォ、努力家で働きものの多いところですなァ」—そんな会話がいまも交される。
全国が均質化される中でも、それぞれの地方の特性、特有の気質は根強く生きているようだ。
その特性はいかに形づくられたのか。
縄文・弥生から江戸時代の藩、近代以降に至る長い歴史の中に、地域性の由来をさぐる。
県民性を生み出したもの
東の文化と西の文化
北海道と東北地方(青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島)の県民性
関東地方(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉・神奈川)の県民性
江戸と東京の気質
北陸地方(新潟・富山・石川・福井)と山陰地方(鳥取・島根)の県民性
東海地方(静岡・愛知)と三重県、甲信地方(山梨・長野)と岐阜県の県民性
京都人の気質
大阪人の気質
近畿地方(滋賀・兵庫・奈良・和歌山)の気質
瀬戸内海沿岸(岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛)の気質
九州北部・中部(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本)の気質
高知県・九州南部(鹿児島・宮崎)、沖縄の気質
藩と県民性、そして地方の将来像
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP