テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
森と庭園の英国史
遠山茂樹著
-- 文藝春秋 , 2002 , 206p. -- (文春新書 ; 266)
ISBN : 新<9784166602667> , 旧<4166602667>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
カントリーサイドに住み、庭いじりにいそしむ。
田舎に住まないまでもカントリー・ウォーキングやガーデニングを楽しみ、丹精した庭を開放したり私有地に遊歩道を設けるなど、自然と遊ぶ術に長けたイギリス人—『ピーターラビットのおはなし』刊行から百年を経た今、英国庭園の成り立ち、プラントハンターの活躍、カントリーサイドの景観に欠かせない森や兎、ジェントルマンと狩りの関係などを通して、イギリスの田舎はなぜ“絵”になるのかを探る。
第1章 英国庭園のルーツ(「庭師」イギリス人;オレンジとチューリップ ほか)
第2章 植物の狩人物語(花をたずねて三千里;キュー植物園の父 ほか)
第3章 森と兎のいる風景(フォレストとウッド;ブリテン島の兎たち ほか)
第4章 ジェントルマンと狩り(ジェントルマンとは何か;狐狩りと競馬の隆盛 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP