テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
明治人の教養
竹田篤司著
-- 文藝春秋 , 2002 , 198p. -- (文春新書 ; 293)
ISBN : 新<9784166602933> , 旧<4166602934>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
近代日本は、勤勉な頭脳と卓抜な観察力、旺盛な読書力によって、新旧・和洋・東西を融合し、新しい日本文化の基礎を築くことに成功したが、その知的営みの精髄ともいうべき「教養」は、いまや消滅したかのように見える。
では日本的「教養」とは、いかなるものであったか。
近代日本の教養形成の担い手となった知識人たち—森外三郎、狩野亨吉、西田幾多郎、河上肇、安倍能成、九鬼周造らの人格形成の過程を、日記・書簡・随筆などを通してたどる。
小島政二郎と「明治の人間」
柳田国男の「明治的統一」
『チャタレイ夫人の恋人』を読む西田幾多郎
君山と寸心—「読書人」vs「思索者」
河上肇と「味噌汁の身」
森外三郎の京都一中
リーダー・今西錦司の原点
「二代目」桑原武夫の客気
キーパーソン・狩野亨吉
ケーベルと漱石の間
「アンバイヨクナル」安倍能成
「長身・美貌・etc」vs「正反対」の九鬼・天野
辰野隆と福原麟太郎—「過去」と「現在」の微妙な関係
「教養」は時代を超えるか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP