テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
中国はなぜ「反日」になったか
清水美和著
-- 文藝春秋 , 2003 , 230p. -- (文春新書 ; 319)
ISBN : 新<9784166603190> , 旧<4166603191>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
中国が「反日」姿勢を鮮明にしたのは、たかだか十数年、江沢民が実権を握ってからに過ぎない—。
一九七二年の国交回復以来、親愛と憎悪の間を大きく揺れ動いてきた日本と中国の関係を、歴史の遠近法で検証してみると、なぜ中国側が首相の靖国参拝を問題とし、繰り返し「歴史問題」を取り上げて謝罪を要求するのかが明確になる。
全土を覆うかにみえる「反日」は、中国側が仕掛けた戦略なのだ。
序章 国交三十年の風景
第1章 歴史問題をめぐる中国指導部の矛盾—江沢民訪日の教訓
第2章 「日本人民を刺激すべきでない」—歴史問題で修正図った朱鎔基訪日
第3章 「皇軍に感謝する」—毛沢東・周恩来の対日戦略
第4章 「迷惑」か「謝罪」か—日中国交正常化の限界
第5章 歴史問題の浮上—「反覇権」外交の転換
第6章 天安門事件の衝撃—日本への再評価
第7章 江沢民体制と愛国主義の鼓舞—日中の相互反発
第8章 「善意をもって隣国に対処する」—胡錦涛政権と歴史問題
終章 歴史問題はどこへ行く
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP