テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
政治家の生き方
古川隆久著
-- 文藝春秋 , 2004 , 233p. -- (文春新書 ; 401)
ISBN : 新<9784166604012> , 旧<4166604015>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
それぞれの国民は自分たちにふさわしい政治家しか持てない。
こんな身もふたもないことを言ったのは、18世紀フランスのあるカトリック僧だ。
革命勢力に対する皮肉に満ちたこの警句が真理だとすれば、現在の日本人は自分自身に絶望せざるをえない。
しかし、たかだか数十年前の日本には、自分の全存在をかけて政治の道を歩む男たちがたくさんいた。
挫折と成功の狭間で必死に闘っていたこれらの政治家の人生から、今日の日本人が学べるものは何だろうか。
第1章 犬養毅と尾崎行雄—「憲政の神様」の虚像と実像
第2章 床次竹二郎と浜口雄幸—首相の座をめぐる明暗
第3章 永井柳太郎と西岡竹次郎—雄弁がもてはやされた時代
第4章 森恪と秋田清—「策士」と呼ばれた政治家
第5章 木下成太郎と田辺七六—地方政界から国政の場へ
第6章 前田米蔵と鳩山一郎—つりあわないライバル
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP