テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
力士の世界
33代木村庄之助著
-- 文藝春秋, 2007.11, 189p. -- (文春新書 ; 603)
ISBN : 新<9784166606030> , 旧<4166606034>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
強くなければ力士にはなれない、美しくなければ相撲とは言えない。
相撲のしきたり、勝負の厳しさ、相撲協会という組織—江戸時代以来の文化がそのまま残る異空間を元・立行司が案内する。
第1章 相撲は神事(番付の読み方;力士も行司も十両で一人前;関取だけに許されること ほか)
第2章 いつも厳しい勝負の世界(力士と同じ土俵に立つ怖さ;力士は立合いにすべてを賭ける;立合いは阿吽の呼吸 ほか)
第3章 相撲部屋はひとつの家族(最初の親方が自分のボス;力士以外の構成要員;部屋によって違うちゃんこの味 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP