テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
昭和陸海軍の失敗 : 彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか
半藤一利ほか著
-- 文藝春秋, 2007.12, 231p. -- (文春新書 ; 610)
ISBN : 新<9784166606108> , 旧<4166606107>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
エリートたちはどこで誤ったのか?
昭和の陸海軍の人材を語ることによって見えてくる、日本型組織の弱点!!
「文藝春秋」で大反響を呼んだ話題の座談会を収録。
第1部 昭和の陸軍 日本型組織の失敗(黒野耐、戸部良一、半藤一利、福田和也、保阪正康)(派閥抗争が改革をつぶした—宇垣一成と荒木貞夫;エリート教育システムの欠陥—東條英機と永田鉄山;天才戦略家の光と影—石原莞爾と武藤章;良識派は出世できない—栗林忠道、今村均、本間雅晴 ほか)
第2部 昭和の海軍 エリート集団の栄光と失墜(戸高一成、秦郁彦、半藤一利、平間洋一、福田和也)(成功体験の驕りと呪縛—東郷平八郎と加藤友三郎;人事を牛耳る皇族総長—伏見宮博恭王;良識派は孤立する—米内光政と井上成美;必敗の日米開戦をなぜ?—永野修身と嶋田繁太郎 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP