テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
歴史のかげにグルメあり
黒岩比佐子著
-- 文藝春秋, 2008.8, 254p. -- (文春新書 ; 650)
ISBN : 新<9784166606504> , 旧<4166606506>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
旨い食事で接待すれば、それで政治も外交もうまくいく?
ペリーの黒船以来、豪華な食事が歴史をつくってきた。
胃袋と味覚の変遷でたどる、味わい濃厚な日本近代のフルコース。
本膳料理に不満を抱いた米国海軍提督—マシュー・C.ペリー
最後の将軍によるフランス料理の饗宴—アーネスト・サトウ
天皇が初めてホストを務めた日—明治天皇(1)
ダンスと美食による鹿鳴館外交—井上馨
怪物的な政商と帝国ホテルの料理—大倉喜八郎
大津事件とロシア軍艦での午餐会—ニコライ皇太子
河豚の本場で開かれた日清講和会議—伊藤博文
旅順陥落のシャンパンシャワー—児玉源太郎
"食道楽"作家とロシア兵捕虜の交流—村井弦斎
ガーター勲章と宮中晩餐会—明治天皇(2)
稀代の食通だった"風流宰相"—西園寺公望
アナーキストたちの「菜食論」—幸徳秋水
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP