テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
山県有朋 : 愚直な権力者の生涯
伊藤之雄著
-- 文藝春秋, 2009.2, 485p. -- (文春新書 ; 684
ISBN : 新<9784166606849> , 旧<4166606840>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
陸軍と官僚を支配下において山県閥をつくり、デモクラシーに反対し、みんなに憎まれて世を去った元老・山県有朋は、日本の近代史にとって本当に害悪だったのか?
不人気なのに権力を保ち続けた、その秘訣とは?
首相、元帥、元老にして「一介の武弁」。
吉田松陰の「忠実」な弟子—はじめに
松陰門下の青春—尊王攘夷と奇兵隊
西郷隆盛への憧れ—討幕への戦い
「狂介」から「有朋」へ—欧米巡遊・廃藩置県
山県参議兼陸軍卿の誕生—征韓論政変・台湾出兵
にがい勝利—西南戦争
陸軍の充実—朝鮮をめぐる日清対立
陸軍の長老から政治家へ—日本陸軍の大枠形成
最初の組閣—帝国議会開設・伊藤博文との対立
やせがまんの限界—日清戦争
元老としての組閣—日露協商と山県系官僚閥の形成
参謀総長として陛下に仕える—日露戦争
きどわい勝利の後の現実—桂太郎と原敬の挑戦
元老筆頭の権力—第一次世界大戦と大正デモクラシー
晩年の落とし穴—宮中某重大事件
山県有朋と日本—おわりに
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP