テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
皇族と帝国陸海軍
浅見雅男著
-- 文藝春秋, 2010.9, 294p. -- (文春新書 ; 772)
ISBN : 新<9784166607723> , 旧<4166607723>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
明治以後、大元帥として陸海軍を統べる天皇のもと、男子皇族はこぞって軍人となった。だが、軍は徹底した能力社会。はたして、彼らはどんな歩みを辿ったのか?その姿を克明に記す画期的大作。出世は・軍功は?そして戦争責任は?明治から敗戦まで、天皇を支えた全48人の栄光と失意。
第1章 皇族はなぜ軍人になったのか(王政復古・戊辰戦争のころ
皇族、軍人となる
ノブレス・オブリージュと職業選択)
第2章 優遇された宮様たち(無試験入校と子供の誕生
外国での待遇、日本でのあつかい
進級と人事での優遇)
第3章 二人の統帥部長(参謀総長
軍令部総長)
第4章 明治の出征(内戦
日清・日露戦争)
第5章 昭和の軍と皇族(クーデタ疑惑
中国との戦争
米英などとの戦い
敗戦と裁き)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP