テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
山岡鉄舟幕末・維新の仕事人
佐藤寛著
-- 光文社 , 2002 , 254p. -- (光文社新書 ; 050)
ISBN : 新<9784334031503> , 旧<4334031501>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
山岡鉄舟と聞いて、どのようなイメージを持つだろうか。
一般的には禅と書と剣の達人だろう。
新撰組ファンならば、その前身である浪士隊のエピソードで記憶に残っているかもしれない。
他に、明治天皇の家庭教師、清水次郎長との交友が知られているところだろう。
少し歴史に詳しい読者なら、江戸城無血開城における勝海舟・西郷隆盛会談に先立ち、彼が幕府特使として官軍に派遣されたことを思い出すだろうか。
本書は、新たな資料と取材、そこに若干の想像力を加えて執筆したものである。
彼は、優れた交渉人、行政マン、経営者であり、危機管理の達人でもあった。
そんな新たな鉄舟像を軸に、激動の時代を読み解いていく。
第1章 江戸の危機を救った男(江戸城無血開城の謎;西郷・勝会談説と欧米圧力説 ほか)
第2章 ボロ鉄の剣と禅(鉄舟を育てた飛騨高山;四男なのに“鉄太郎” ほか)
第3章 徳川大リストラ時代の行政官(徳川三百八十万石が駿府七十万石に;彰義隊 ほか)
第4章 明治天皇の家庭教師(「宮中に入ってもらえますか」;西郷からの依頼 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP