テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
地域間交流が外交を変える : 鳥取-朝鮮半島の「ある試み」
片山善博, 釼持佳苗著
-- 光文社 , 2003 , 159p. -- (光文社新書 ; 083)
ISBN : 新<9784334031831> , 旧<4334031838>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
今から一八〇年前の江戸時代、朝鮮の商船が遭難し、鳥取の海岸に漂着した。
船員たちは当時の鳥取の民衆に手厚くもてなされ、三か月間の滞在を経た後、無事朝鮮に帰ることができた。
鳥取藩のお抱え絵師がこの様子を描写した掛軸を、一九九三年、当時鳥取県の総務部長だった片山善博が目にしたことから、漂着民たちの子孫探しがスタートする—。
本書では、鳥取県知事・片山善博へのインタビューを通して、この一幅の掛軸から深まった鳥取県と韓国・江原道との交流を中心に、北朝鮮、中国、モンゴル、ロシアとの関係を紹介しながら、国と国との外交を変える力を持った、地域同士の結び付きについて考える。
第1章 それは一幅の掛軸から始まった
第2章 漂着民の子孫探し
第3章 掛軸に秘められたミステリー
第4章 現代に蘇る一八〇年前の友情
第5章 私と韓国との出会い
第6章 鳥取県と韓国・江原道との交流
第7章 北朝鮮を含む近隣諸国との交流
エピローグ 地方は外交を変えられるか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP