テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
築地で食べる : 場内・場外・"裏"築地
小関敦之著
-- 光文社 , 2004 , 226p. -- (光文社新書 ; 185)
ISBN : 新<9784334032852> , 旧<4334032850>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「築地は食の中心地。
プロの舌を満足させる築地の飲食店はどこも旨い!」
などという話は幻想に過ぎない。
たしかに、それこそ日本を代表するような一流シェフが足繁く通う店など、「さすが築地!」
と思わず膝を打ちたくなる店も存在はするが、マズい店はきっちりとマズい。
さらに、「魚は新鮮な方が旨い」「築地に行けば、安くて美味しいお寿司が必ず食べられる」とも限らない。—
毎日のように築地に通う築地歩きの第一人者が語る、食べ手の視点で食べて・見て・考えた、築地旨いもの批評!
さらに、場内市場、場外市場から“裏”築地まで、築地で本当に美味しいお店32軒を紹介。
第1章 美食の街「築地」の幻想(近くて遠い街「築地」;築地は寿司を食べるためのところ? ほか)
第2章 いつから築地は旨いものの街になった?(築地と築地市場のいまむかし;四代将軍家綱が埋め立てた土地 ほか)
第3章 築地で美味しいものを食べるための十カ条(キチンと情報を集める;場内市場を見逃さない ほか)
第4章 築地に来たらここで食え!(場内市場ではここで食え!;場外市場ではここで食え!;“裏”築地はここで食え!;築地周辺はここで食え!)
付録 築地に関するQ&A
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP