テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本とドイツ二つの戦後思想
仲正昌樹著
-- 光文社, 2005.7 , 244p. -- (光文社新書 ; 213)
ISBN : 新<9784334033132> , 旧<433403313X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
本書は、「過去の清算」を軸にしてドイツと日本の六十年間の「戦後思想」を比較するものである。
第1章 二つの「戦争責任」(「国際軍事裁判」はインチキか?;「人道に対する罪」を背負ったドイツ ほか)
第2章 「国のかたち」をめぐって(「国のかたち」は変わったか;分断された「国のかたち」 ほか)
第3章 マルクス主義という「思想と実践」(思想的武器としてのマルクス主義;日本における"何でもマルクス主義" ほか)
第4章 「ポストモダン」状況(ポストモダンの導入と批判的知性;ドイツのポストモダニズム ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP