テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
漢文の素養 : 誰が日本文化をつくったのか?
加藤徹著
-- 光文社, 2006.2 , 240p. -- (光文社新書 ; 242)
ISBN : 新<9784334033422> , 旧<4334033423>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
かつて漢文は、東アジアのエスペラントであり、日本人の教養の大動脈であった。
古代からの日本の歴史を「漢字」「漢文」からひもとくことで、日本人が何を思い、どんな試みの果てに、この国が築かれてきたのかが明らかになってくる。
日本人にとってまだ漢文が身近だったころ、漢文の力は政治・外交にどのように利用されたのか?
彼らは、漢文にどんな知性や思いを込めたのか?
—日本の発展の原動力となり、その文化・政治力を支えた「漢文の素養」をもう一度見直し、日本文化の豊かな可能性を提言する。
第1章 卑弥呼は漢字が書けたのか
第2章 日本漢文の誕生
第3章 日本文明ができるまで
第4章 漢文の黄金時代
第5章 中世の漢詩文
第6章 江戸の漢文ブームと近現代
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP