テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
食べる西洋美術史 : 「最後の晩餐」から読む
宮下規久朗著
-- 光文社, 2007.1, 262p, 図版16p. -- (光文社新書 ; 287)
ISBN : 新<9784334033873> , 旧<4334033873>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
西洋、とくに地中海諸国は古来、食べることに貪欲であり、食にかける情熱はしばしば料理を芸術の域にまで高めた。
また、食べ物や食事は西洋美術においては常に中心的なテーマであった。
中世にキリスト教によって食事に神聖な意味が与えられると、食事の情景が美術の中心を占めるにいたる。
この伝統が近代にも継承され、現代もなお重要な主題であり続けている。
このことは西洋特有の事象であり、西洋の美術と文化を考える上できわめて重要な手がかりとなる。
本書は、食事あるいは食物の美術表現を振り返り、その意味を考えることによって、西洋美術史を別の角度から照らし出そうとするものである。
第1章 "最後の晩餐"と西洋美術
第2章 よい食事と悪い食事
第3章 台所と市場の罠
第4章 静物画—食材への誘惑
第5章 近代美術と飲食
第6章 最後の晩餐
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP