テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
官製不況 : なぜ「日本売り」が進むのか
門倉貴史著
-- 光文社, 2008.4, 230p. -- (光文社新書 ; 345)
ISBN : 新<9784334034481> , 旧<4334034489>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
一匹の妖怪が日本を徘徊している—「官製不況」という妖怪が。
アメリカのサブプライムローン問題に端を発する世界同時株安。
なぜ、日本の株価が"震源地"アメリカより大幅に低迷しているのか?
欧米の金融機関に比べれば、日本の金融機関が抱えるサブプライム関連商品はそれほど多くない。
また、企業収益や国内景気が特別に悪いわけでもない。
本書は、外国人投資家にも広がりつつある「kansei fukyo」という言葉を軸に、様々な角度から日本株だけが「売られる」理由を解説していく。
プロローグ
第1章 なぜ日本の株は下がり続けるのか?
第2章 モラルハザードと官製不況
第3章 なぜ「ワーキングプア」が増えるのか?
第4章 なぜ年金財政は破綻寸前なのか?
第5章 サブプライム問題と世界的なカネ余り
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP