テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
人民解放軍は何を考えているのか : 軍事ドラマで分析する中国
本田善彦 著
-- 光文社, 2008.8.15, 245p. -- (光文社新書)
ISBN : 新<9784334034672> , 旧<4334034675>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
中国人民解放軍の謎に包まれた思想・内情をプロパガンダから読み解く。
第1章 軍事ドラマは情報の宝庫(「脅威」として再認識されはじめた中国軍
中国人民解放軍とはどんな軍隊か ほか)
第2章 情報・ハイテク時代の解放軍—『沙場点兵(戦場の召集)』より(北京軍区の協力で撮られた軍事演習ドラマ
賛否分かれる視聴者の反応 ほか)
第3章 中国の領土・主権意識—『垂直打撃(垂直攻撃)』より(ドラマに描かれた解放軍空挺部隊
「斬首行動」の矛先に見えるもの ほか)
第4章 核から有人宇宙飛行まで、執念の開発—『国家使命(国家の使命)』より(中国版「プロジェクトX」
建国55周年のメッセージ ほか)
第5章 大国興亡の歴史を鑑に—『大国崛起(大国への道)』より(プロパガンダとしてのドキュメンタリー
中国のドキュメンタリーが描く「9つの大国」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP