テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
デフレと円高の何が「悪」か
上念司著
-- 光文社, 2010.1, 226p. -- (光文社新書 ; 440)
ISBN : 新<9784334035433> , 旧<4334035434>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
モノの値段が下がり続けると私たちの生活はどうなるのか?
日本が長期停滞から抜け出すためにはどうすればよいのか?
勝間和代氏の共同事業パートナーである著者が、経済学の知見に基づきながら分かりやすく解説。
第1章 デフレと円高は恐ろしい—生活に与える諸影響
第2章 物価の動きをチェックせよ—デフレが進んだ理由
第3章 日本に無税国家が誕生する?—金融政策と金利のメカニズム
第4章 金ならある、心配するな—財政と財源を考え直す
第5章 歴史は繰り返す—昭和恐慌から学べ
第6章 今、やるべきことは何か—具体的な政策を実行せよ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP