テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
予防接種は「効く」のか? : ワクチン嫌いを考える
岩田健太郎著
-- 光文社, 2010.12, 217p. -- (光文社新書 ; 495)
ISBN : 新<9784334035983> , 旧<4334035981>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
なぜ、ワクチンは嫌われるのか。開発と副作用による事故をめぐる歴史も振り返りつつ、今の日本の医療政策、メディア、そして医療の受け手側の問題点などを一つ一つ明らかにしていく。新型インフルエンザ、多剤耐性菌問題、ホメオパシー、ゼロリスクなど、最新のトピックも分析しながら、ワクチン問題の「好き嫌い」と「正邪」の部分を切り離し、読者を新たな視点に導く、新しいワクチン論。
1章 ワクチンをめぐる、日本のお寒い現状
2章 ワクチンとは「あいまいな事象」である
3章 感染症とワクチンの日本史-戦後の突貫工事
4章 京都と島根のジフテリア事件-ワクチン禍を振り返る
5章 アメリカにおける「アメリカ的でない」予防接種制度に学ぶ
6章 1976年の豚インフルエンザ-アメリカの手痛い失敗
7章 ポリオ生ワクチン緊急輸入という英断-日本の成功例
8章 「副作用」とは何なのか?9章 「インフルエンザワクチン」は効かないのか?-前橋レポートを再読する
10章 ワクチン嫌いにつける薬
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP