テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
男の一日一作法
小笠原敬承斎著
-- 光文社 , 2011.11, 209p. -- (光文社新書 ; 548)
ISBN : 新<9784334036515> , 旧<4334036511>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
「遠慮」とは、相手を思い、こころを先へ先へと馳せること…。作法の基本全てに流れているこの「遠慮」のこころを、訪問、食事、冠婚葬祭、服装、ふるまいなど、日常の作法に触れることで学んでみよう。七百年前の室町時代に確立した小笠原流礼法から、「一日一善」ならぬ、「一日一作法」で、毎日一つずつ作法を身につけると、その真の意味や、日本人のあるべき精神がわかってくる。
序章 礼儀作法の基本は「こころのあり方」
第1章 自分を律してみる
第2章 人を不快にしないこころ遣いを知る
第3章 時・場所・状況をわきまえる
第4章 電話、手紙、Eメールに配慮を持つ
第5章 冠婚葬祭はこころで対応する
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP