テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「ネットの自由」vs.著作権 : TPPは、終わりの始まりなのか
福井健策著
-- 光文社 , 2012.9, 216p. -- (光文社新書 ; 604)
ISBN : 新<9784334037079> , 旧<4334037070>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
日本国内の議論を二分する、TPP=環太平洋経済連携協定への参加協議。現在、先行する参加国間で深刻な対立を招いている分野の代表格が、著作権・特許などの知的財産だということはあまり知られていない。流出した米国政府のTPP知財文書には何が書かれているのか?その「真の狙い」とは?アメリカやEU各国で大きなうねりを見せた「ネットの自由」への希求、躍進する「海賊党」の存在、グーグルやアップルなど、「新たな立法者=国際プラットフォーム」などの動向も踏まえながら、情報社会における最適なルールメイクのあり方を第一人者が考える。巻末にTPP知財リーク文書抄訳を公開。
第1章 「SOPAの息子たち」(ネットを黒く塗れ!
欧州で燃え上がった反ACTAと「ネットの自由」 ほか)
第2章 TPPの米国知財条項を検証する(要求1:著作権保護期間の大幅延長
要求2:非親告罪化 ほか)
第3章 最適の知財バランスを求めて(ネットを治めるのはどの国の法律なのか
TPPが突きつけた「知財ルールの統一化」と「アメリカ化」 ほか)
第4章 情報と知財のルールを作るのは誰なのか(法律-機能不全に陥る著作権法、「著作権ムラ」批判と議員立法
条約-「ポリシーロンダリング」の誘惑 ほか)
巻末資料 TPP米国知財要求抄訳
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP