テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
迷惑行為はなぜなくならないのか? : 「迷惑学」から見た日本社会
北折充隆著
-- 光文社 , 2013.10, 204p. -- (光文社新書 ; 666)
ISBN : 新<9784334037697> , 旧<4334037690>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
本書では、日本社会にはびこる「迷惑行為」について、さまざまな視点から考えてみた。迷惑という言葉で連想される、その典型的なものは、駐車違反や、電車やバスの中で座席を占領したり、ゴミをポイ捨てするといったたぐいの行為であろう。しかし、何が迷惑なのか、何が正しいのかなどというのは、実は微妙なバランスで成り立っており、ちょっと視点をずらせば、良いとか正しいという基準は、かんたんに変わってしまうのである。しかし私たちは、「そんなの迷惑に決まっている」とか「あの人は迷惑な人だ」という場合、それ以上そのことについて深く考えたりしない。迷惑についての自分の認識を、本当に正しいのかなどと疑ったりはしないのである。
プロローグ そもそも迷惑行為とは?;
第1章 なぜ、夜の幹線道路は誰も制限速度を守らないのか?―「記述的規範」と「習慣」の影響力;
第2章 電車内では携帯電話の電源を切るべきか?―迷惑行為と、場所・時代との関係;
第3章 なぜツイッター騒動は繰り返されるのか?―ルールと迷惑の微妙な関係;
第4章 どうすれば列の横入りをやめさせられるのか?―迷惑行為の抑止策;
第5章 ベビーカー問題はどうしたら解決できるのか?―クリティカル・シンキングで考える「落としどころ」
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP