テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
迫りくる「息子介護」の時代 : 28人の現場から
平山亮著; 上野千鶴子解説
-- 光文社 , 2014.02, 318p. -- (光文社新書 ; 682)
ISBN : 新<9784334037857> , 旧<4334037852>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
気鋭の社会心理学者が介護からあぶり出す「男という困難」介護なんてオレには「他人事」…そう思っていませんか!?
第1章 息子介護の「いま」―統計から見える傾向と、それだけではわからない経験;
第2章 親の介護と、「妻」との関係―嫁のいる息子が介護者になるとき(「夫が看れば、妻は楽」―とは限らない;介護する息子と、その「夫婦のカタチ」);
第3章 「きょうだいではなく、なぜ自分が…」―介護責任をめぐる論理と応酬(男きょうだい:息子介護者にならなかった息子たち;女きょうだい:嫁いだ姉妹との関わり方 ほか);
第4章 「息子の看方」とその見方―オトコであることの困難と希望(オトコの家事の、オトコの見方;母を介護する男ゴコロ ほか);
第5章 家族外のネットワーク―家の外で息子が「介護者をする」こと(息子介護者と「職場の人びと」;親の介護と友人関係 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP