テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
非常識な建築業界 : 「どや建築」という病
森山高至著
-- 光文社 , 2016.02, 245p. -- (光文社新書 ; 802)
ISBN : 新<9784334039059> , 旧<4334039057>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
二〇一五年に騒動となった新国立競技場問題に続き、再コンペで選ばれた案にコンペ疑惑が浮上、横浜の傾斜マンション事件が発生するなど、建築業界の威信を揺るがす問題が立て続けに起きている。しかし、これらは氷山の一角にすぎない。建築の現場で起きていることを見れば、今後も似たような問題が起きる可能性は十分にある。いったい、この業界の裏では何が起こっているのだろうか?「どや顔」をした使いづらい公共施設で税金をムダにしないために、危険なマンションを買わないために、寿命の短い持ち家を建てないために―。知っておきたいこの業界の「非常識」な実態。
第1章 非常識なコンペ 新国立競技場問題は「よくある話」(幼稚園建て替えコンペの一幕
園長先生には理解できない建築家の「常識」 ほか)
第2章 非常識な建築史 建築はなぜ「どや顔」をするようになったか(実現しない建築の女王
始まりは「濡れたくない」 ほか)
第3章 非常識な建築家 オリジナルでなければ建築ではない!?(外国人識者の苛立ち
最新の技術は最新の意匠とともに ほか)
第4章 非常識な建設現場 ゼネコンという名の総合商社(奇怪な記者会見
総合請負人たるゆえん ほか)
第5章 非常識な建築論 建築業界にも「常識」はある(コンペの結果は見直してよい
ヒルサイドテラスが愛される理由 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP