テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
デスマーチはなぜなくならないのか : IT化時代の社会問題として考える
宮地弘子著
-- 光文社 , 2016.11, 253p. -- (光文社新書 ; 851)
ISBN : 新<9784334039547> , 旧<4334039545>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
それは「地獄」でもあり「悦楽」でもあった…。「ブラック」では片づけられない真実。当事者の証言の分析から明らかになった驚愕の事実とは?自らソフトウェア開発に携わっていた、新進気鋭の社会学者による瞠目すべき論考!
第1章 究極の迷宮―どのようなものづくりとも異なるソフトウェア開発の特質
第2章 「デスマーチ」の語り―ソフトウェア開発者たちに聞く経験
第3章 当事者にとっての「デスマーチ」の経験とは
第4章 「人々の社会学」という考え方―逸脱の問題から常識の問題へ
第5章 「あたりまえ」の起源を探る
第6章 今、「デスマーチ」が問題化していることの意味
第7章 IT化時代の社会問題としての「デスマーチ」
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP