テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす
佐光紀子著
-- 光文社 , 2017.11, 242p. -- (光文社新書 ; 917)
ISBN : 新<9784334043230> , 旧<4334043232>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
多くの日本人が、丁寧な暮らしや、家事をきちんとこなすこと、配慮の行き届いた子育てをすることを理想としている。しかし他方では、日本人の「完璧家事」や「手づくり」礼賛の傾向、さらに昨今のシンプルな暮らし(「断捨離」「ミニマリズム」など)の流行は、母親への目に見えない圧力となると同時に、家族との分業を阻んだり、葛藤の原因ともなっている。日本の家事の「あたりまえ」は海外の人の目にはどう映るのか。なぜ日本では男性の家事参加が進まないのか。国や学校により「よい母、よい家庭」であるよう仕向けられてきた歴史とは。翻訳家として他国の友人も多く、家事や掃除術の専門家でもある著者が、多くの聞き取りや国際比較などを参照しながら、気楽で苦しくない家事とのつきあい方を提案する。
第1部 完璧家事亡国論(日本の主婦は家事をしすぎ?
日本の家事の『当たり前』は、世界の非常識
経済成長という祭りの後で
キャリアを阻み、少子化を加速する完璧家事―2人目を産まない女性たち
家事のできない家族は滅びる)
第2部 「片付けすぎ」が家族を壊す(日本の家が片付かないのには理由がある
ミニマリストは変人?
捨てられない理由は、まっとうである―「もったいない」再考
断捨離の行き着くところ
目指すは「おばあちゃんの家」の居心地のよさ)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP