テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
デザインが日本を変える : 日本人の美意識を取り戻す
前田育男著
-- 光文社 , 2018.5, 315p. -- (光文社新書 ; 948)
ISBN : 新<9784334043551> , 旧<4334043550>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする

なぜ地方の小さな自動車会社マツダは、世界一になれたのか?
危機脱出の立役者が体現するこれからのメーカーの在り方

「安くて高性能」では新興国にやられる。生き残るにはブランドを“一つ上"へ
• 「個性」と「普遍性」の同時追求
• 「日本人の美意識」に立ち返る
• 「職人」への敬意と地位向上
• 「生命感」の表現と「人馬一体」設計
• 「言葉」があって形は実現する
• 「抑制」から生まれる緊張感

2009年、経営危機に陥り、米企業傘下からも外れた小さな自動車会社では、デザイン部門のトップに久しぶりに日本人が就任。期待と不安の中、リーダーは全車種のデザインプロセスを一新。容赦なき改革は激しい反発を受けるも奏功し、新ラインナップは欧州を中心にグローバル市場で人気を獲得。ついに'16年、スポーツカー「ロードスター」は世界で最も優れた車に贈られるワールド・カー・オブ・ザ・イヤーと同賞のデザイン部門のダブル受賞という史上初の栄誉に浴す。いまやマツダのモノづくりの根底にある「魂動」というコンセプトは、海外メディアからも〝KODO〟と呼ばれるほどの地位を確立しつつある。 日本メーカーが苦境に立つ現在、一地方の企業が世界で光を放てるのはなぜか。「日本人の美意識への原点回帰」を掲げ、これからの製造業の在り方を体現するリーダーの哲学がここにベールを脱ぐ。
第1章 魂動デザイン、前夜
第2章 言葉論<哲学を共有する>
第3章 ブランド論<企業価値とは何か>
第4章 組織論<感動ほど人を動かすプロモーターはない>
第5章 ものづくり論<今こそ原点に帰るとき>
第6章 情熱、執念、愚直
<特別対談>前田育男×谷尻誠(サポーズデザインオフィス)~未来はすべて過去の中に
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP