テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本はなぜ世界で一番クジラを殺すのか
星川淳著
-- 幻冬舎, 2007.3, 214p. -- (幻冬舎新書 ; 032)
ISBN : 新<9784344980310> , 旧<434498031X>
 
関連書籍を探す
IWC(国際捕鯨委員会)が取り決めたクジラの永久保護区で、日本が調査捕鯨の名のもとに年間一〇〇〇頭のクジラを殺すのに、果たして正当な理由はあるのだろうか。日本人は鯨肉がそんなに好きなのか?捕鯨は本当に日本の伝統文化なのか?“科学調査”は何のためなのか?時代の流れと世界の総意に逆らい続ける日本の強硬姿勢は、あまりに強烈で時に滑稽ですらある。捕鯨大国日本の謎を、徹底検証。
第1章 クジラは魚か
第2章 捕鯨は日本の伝統文化か
第3章 守りたいのはクジラか捕鯨か
第4章 だれが捕鯨を進めているのか
第5章 こんなのあり(番外編)
第6章 日本人はクジラを食べたいのか
第7章 どうすりゃいいの
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP