テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本人はどこまで減るか : 人口減少社会のパラダイム・シフト
古田隆彦著
-- 幻冬舎, 2008.5, 248p. -- (幻冬舎新書 ; 85)
ISBN : 新<9784344980846> , 旧<4344980840>
 
関連書籍を探す
2004年12月の1億2780万人をもって日本の人口はピークを迎えた。翌05年から現象が始まり、今後も減り続ける。2042年には1億人を割り、百年後には三分の一になるとも予測されている。その結果を受けて、政府やマスコミはGDPや所得の低下、消費市場の縮小、年金の破綻などの悲観論を喧伝するが、これらは真実なのか?人口減少が下げ止まり反転増加することはないのか?日本の人口変化を「人口容量」という仮説から大胆に予測した文明論。
人口減少を読み違えるな!
第1部 人口減少がはじまった(日本人はなぜ減るか;動物はなぜ増えすぎないか;人間は文化で人口を抑える)
第2部 人口は波を描く(人口容量から人口波動へ;人類の五つの波;日本人の五つの壁)
第3部 人口が反転する(回復の可能性を探る;人口反転の条件;濃縮社会をめざす;新たな波動に向かって)
パラダイムを転換する
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP