テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
江戸の人気浮世絵師 : 俗とアートを究めた15人
内藤正人著
-- 幻冬舎 , 2012.8, 357p. -- (幻冬舎新書 ; う-13-1)
ISBN : 新<9784344982727> , 旧<434498272X>
 
関連書籍を探す
江戸文化の華、浮世絵。今でこそ芸術的評価も高いが、当時は庶民の娯楽。絵師の給料は安く、副業として描くのは当たり前、春画で生活をしのいだ者も多い。それでも描きたい絵師たちは、売れるために、「風俗の最先端」を追い求めた。その影響力は大きく、幕府から処罰を受けた絵師もいる。本書では、ブランディングに成功した師宣、万物を描き尽くした超人・北斎、体臭も漂うような妖艶美人画を描いた英泉など、大胆に15人を選出。華やかな浮世絵の背後で繰り広げられた、絵師たちのスキャンダラスな人間ドラマを描く。
菱川師宣-落款を入れるブランド浮世絵師
奥村政信-版元も兼業した知略家
西川祐信-都のはんなり美人の衝撃が江戸に
鈴木春信-カラー版画の革命児
北尾重政-挿絵大好きの異端児
勝川春章-大名パトロンを抱えた人気者
鳥居清長-役者絵界からの逆襲
喜多川歌麿-浮世絵美人画の代名詞
鳥文斎栄之-旗本絵師の酔狂が、歌麿美人画のライバルに!
東洲斎写楽-一瞬の煌きを残して去った、浮世絵界随一の謎
歌川豊国-役者絵・美人画・死角のない安定派
葛飾北斎-万物を描き尽くす画狂人
渓斎英泉-幕末退廃美の極み
歌川広重-風景版画の開拓と定着
歌川国芳-面白浮世絵なんでもござれ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP