テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
東電福島原発事故総理大臣として考えたこと
菅 直人著
-- 幻冬舎 , 2012.11, 205p. -- (幻冬舎新書 ; か-16-1)
ISBN : 新<9784344982840> , 旧<4344982843>
 
関連書籍を探す
3月11日14時46分。地震発生後、著者は官邸地下の危機管理センターへ直行した。被災者救助に各方面が動き出す中、「福島第一原発、冷却機能停止」の報せが届く。その後、事故は拡大の一途をたどった。―このままでは国が崩壊する。いつしか著者は、原子炉すべてが制御不能に陥り、首都圏を含む東日本の数千万人が避難する最悪の事態をシミュレーションしていた…。原発の有事に対応できない法制度、日本の構造的な諸問題が表面化する中、首相として何をどう決断したか。最高責任者の苦悩と覚悟を綴った歴史的証言。
序章 覚悟(チェルノブイリ原発事故と東海村JCO臨界事故;福島原発事故 ほか);
第1章 回想―深淵をのぞいた日々(大地震発生前;揺れるシャンデリア ほか);
第2章 脱原発と退陣(避難所;脱原発に舵を切る ほか);
第3章 脱原発での政治と市民(大きな宿題;自然エネルギーの視察 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP