テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
箱根駅伝新ブランド校の時代
生島淳著
-- 幻冬舎 , 2012.11, 226p. -- (幻冬舎新書 ; い-17-2)
ISBN : 新<9784344982857> , 旧<4344982851>
 
関連書籍を探す
圧倒的な選手の存在がレースの流れを変える箱根駅伝。近年、最大のスターといえば、東洋大学・柏原竜二だ。四年生時の二〇一二年に、東洋大は驚異的な大会新で優勝を飾った。しかし、柏原なき二〇一三年以降、大学間の実力は拮抗し、混戦の時代を迎える。スピード化の流れを推し進めた東洋大、駒澤大、大学のブランドを武器に有望選手を集める明治大、青学大が優勝争いに絡むと予想される。注目は、上位校だけではない。予選会突波、シード権争いを繰り広げる大学にも熱いドラマがある。駅伝戦国時代を楽しむ最新観戦術を伝授。
第1章 ポスト柏原の時代 箱根駅伝はマラソンを強くするのか?;
第2章 「箱根駅伝を特別に捉えない」―東洋大学・酒井俊幸監督;
第3章 気になる「MARCH」 ブランド校は優勝できるのか?;
第4章 「箱根駅伝はもっと開放した方がいい」―青山学院大学・原晋監督;
第5章 強いチームを作る「八つの力」;
第6章 「スタートは知名度を上げることから」―上武大学・花田勝彦監督;第7章 ロンドン・オリンピック後の世界と箱根駅伝
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP