テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「まずい!!」学 組織はこうしてウソをつく
樋口晴彦著
-- 祥伝社, 2007.8.5, 224p. -- (祥伝社新書)
ISBN : 新<9784396110796> , 旧<4396110790>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
前作『組織行動の「まずい!!」
学—どうして失敗が繰り返されるのか』は、大変な評判を呼んだ。
ほんのささいなことの見逃しから重大な事故にいたったケース。
ベテランこそ起こすミス、危険な成果主義オンリー、集団が招くエラーなど、実例を踏まえた分析と検証が多くのビジネスマンや経営者、現場の人々、医療関係者に衝撃を与えた。
あれから1年、性懲りもなくまたおそまつな事件や事故が頻発した。
今回は、そのなかでも典型的な実例を取り上げた。
パロマ湯沸かし器事故、ふじみ野市プール事故、あるある大事典2、社会保険庁不正処理、みずほ銀行システム障害など、なぜ起きて、どうしたら防げるのかをまた徹底的に追求する。
第1章 リスクから目を背ける人々(責任者は何処に—パロマ湯沸器事故・その一
同族企業が直面する「三代目の危機」—パロマ湯沸器事故・その二
無責任の連鎖—ふじみ野市プール事故
取引関係を左右する交渉力—「あるある2」番組捏造自己・その一
階層意識が生んだ、無関心というカーテン—「あるある2」番組捏造事件・その二)
第2章 虚構の輪舞曲(嘘を生み出す構図・その一—沖縄集団自決事件
嘘を生み出す構図・その二—ES細胞捏造事件
現場から乖離した危機管理—災害医療の実態)
第3章 ジョーカーはそこにある(民間化の誤算—社会保険庁不正処理事件
日本を滅ぼした"禁じ手"—統帥権干犯問題
「帳尻合わせ」は失敗のもと—留学生の不法滞在を引き起こした入国管理政策)
第4章 リスクと共生するために(どうやって社員に理念を伝えるか—本願寺教団を作り上げた蓮如の「武器」
迷走するシステム開発・その一—みずほ銀行のシステム障害
迷走するシステム開発・その二—失敗する担当者の典型例
嫌われ者になる覚悟はありますか—リスク管理と「やかまし屋」の復活)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP