テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
宮大工の人育て : 木も人も「癖」があるから面白い
菊池恭二著
-- 祥伝社, 2008.3, 227p. -- (祥伝社新書 ; 104)
ISBN : 新<9784396111045> , 旧<4396111045>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
 著者は法隆寺の鬼と呼ばれた、故西岡常一棟梁の下で、薬師寺金堂、西塔の建立に携わりながら、宮大工の修業を積む。西岡棟梁の身の回りの世話を約六年間続け、社寺建築の技法、棟梁としての仕事の差配、人の育て方など、多くのことを貪欲に吸収する。
 そこで学んだ人を育てる要諦は「教えない」ことである。手取り足取り教えるのではなく、「なぜ、こうなるのだろう?」と、弟子がわかりたいとウズウズしてくるのを「待つ」ことが大事なのだ。
 覚えの早い子と遅い子がいるように、人にも木と同じく「癖」がある。その癖を生かしながら人を育て、使うことが名棟梁の条件であり、その知恵は、現代の日本人にも多くのことを教えてくれる。
まえがき
一章 大工の徒弟修業
二章 西岡常一棟梁の教え
三章 奥深き「社寺建築」の世界
四章 木の癖、人の癖を読む
五章 棟梁の仕事、棟梁の器
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP