テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
専守防衛 : 日本を支配する幻想
清谷信一著
-- 祥伝社, 2010.3, 217p. -- (祥伝社新書 ; 195)
ISBN : 新<9784396111953> , 旧<4396111959>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
「センシュボウエイ」と耳にして、正しい漢字が浮かぶだろうか?「専守」とは…もっぱら守るだけ。我が国土を戦場とする覚悟をともなう防衛観、かつての沖縄戦のような犠牲を前提とした戦い方である。国民はこの言葉の真の意味を理解していない。
だが、現実の日本は、米国と軍事同盟を結んでいるし、国連にも加盟している。明らかに「専守」とは違う。こんな「曖昧さ」「いい加減さ」が、実際の装備、戦術、法律の不備となって露見してしまっている。これでは、いざ攻められたとき、国民を守れないだろう。日本がそれでも固執する「専守防衛」には、もはや何ら実体がないのである。
第一章 専守防衛と「平和憲法」
第二章 シビリアン・コントロールのない国
第三章 日本の防衛は隙だらけ
第四章 冷戦は終わっていない!
第五章 日米同盟は信用できるか
第六章 水際の防衛
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP