テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
お金から見た幕末維新 : 財政破綻と円の誕生
渡辺房男著
-- 祥伝社, 2010.11, 210p. -- (祥伝社新書 ; 219)
ISBN : 新<9784396112196> , 旧<439611219X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
幕府から政権を奪ったものの金はなく、明治政府は財政破綻からのスタートだった。同じ日本でありながら東国は金貨、西国は銀貨が流通し、それぞれの品質も違えば交換相場も日々変わる。おまけに各藩が発行した藩札の処理。近代国家を目指す新政府にとって、焦眉の急は、単位が統一された通貨制度の確立にあった。だが、その道は困難を極め、財政的な綱渡りを繰り返していく。「円」は明治四年になってやっと生まれ、日本銀行は十五年に誕生。初めての紙幣が発行されたとき、明治はすでに十八年になっていた。新政府の財政を立て直し、国の根幹をなす貨幣制度を作りだした、大隈重信、渋沢栄一、松方正義ら、経済官僚たちの創意工夫と苦闘を描く、もう一つの幕末維新史。
第1章 幕末の財政破綻-戊辰戦争の軍資金は、いかにして調達されたか
第2章 新政府、苦肉の財政立て直し-三岡八郎の登場と太政官札の発行
第3章 「円」は、いかにして生まれたか-大判小判の世界から、新貨幣の世界へ
第4章 日本初の貨幣鋳造工場-近代化への生みの苦しみと、大隈重信の執念
第5章 藩札、太政官札の退場-箱館戦争の終結、中央集権体制の確立へ
第6章 「明治通宝」札の登場-初の「円」紙幣発行、通貨統合の完成
第7章 「国立銀行」誕生の怪-なぜ、一五〇種を超える銀行紙幣が発行されたのか
第8章 最初の肖像は神功皇后-悲願の国産紙幣が印刷機にかかるまで
第9章 松方財政と日銀の誕生-二〇年かけて完成した通貨流通体制
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP