テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
尖閣戦争 : 米中はさみ撃ちにあった日本
西尾幹二, 青木直人著
-- 祥伝社, 2010.11, 251p. -- (祥伝社新書 ; 223)
ISBN : 新<9784396112233> , 旧<4396112238>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
アメリカとがっちり手を握った中国が、日米安保空洞化の虚をつく。そのとき、日本はどうするか。はたして活路はあるのか!?代表的論客と、気鋭の中国ウォッチャーによる「白熱の対論」。
序章 尖閣事件が教えてくれたこと(沖縄は中国の海になった
起こるべくして起こった事件 ほか)
1章 日米安保の正体(中国の息の長い戦略的、かつ野心的な計画
南シナ海で現実に起こっていること ほか)
2章 「米中同盟」下の日本(中国の経済発展につぎこまれた日本のお金
中国経済最大のピンチだった天安門事件 ほか)
3章 妄想の東アジア共同体構想(米中両国の締めつけに抵抗しなかった自民党政権
中曽根康弘の大罪 ほか)
4章 来るべき尖閣戦争に、どう対処するか(勝手に自分から土俵を割った日本
日本にも切れる外交カードはある ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP