テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
自衛隊は尖閣紛争をどう戦うか
西村金一; 岩切成夫; 末次富美雄著
-- 祥伝社, 2014.07, 236p. -- (祥伝社新書 ; 378)
ISBN : 新<9784396113780> , 旧<4396113781>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
これがリアルな戦いだ 勝つか、負けるか 元自衛隊の情報分析官・元航空総隊幕僚長・元護衛艦艦長が 最新軍事知識を駆使して描く、尖閣沖の戦い 「東シナ海で戦いが行なわれるとすれば、近代的な長射程のミサイルを相互に打ち合う戦いである。空でも、海上でも、海中から海上への戦いでも、人類が未だ経験したことがない戦いになる。そのシナリオについての話し合いを1年間実施してできたのが、この本である。日本の陸・海・空の軍事専門家が協同で分析し、今の時代に沿った現実的で、しかもイメージを持ちやすく作成した書籍は、初めてであると言っていいだろう」 (「あとがき」より) ■東シナ海の軍事衝突はこうして起き、このように進む 尖閣諸島をめぐる中国の動向は、今や国際的にも注目されている。中国艦艇の射撃管制用レーダー発射、中国機の異常接近飛行は、自衛隊への意図的な威嚇(いかく)であり、一触即発の事象であった。一歩間違えれば、交戦である。東シナ海で日中の軍事衝突となれば、最新兵器の長射程のミサイルを相互に射ち合う、人類が未(いま)だ経験したことのない戦いとなる。空でも、海上でも、また海中からも、ミサイルの応戦となるのだ。本書は自衛隊の幹部であった陸・海・空の軍事専門家が知りえた軍事知識を駆使して想定した、日中交戦のリアルな作戦図である。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP