テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
交わらないから面白い 日韓の常識
前川惠司著
-- 祥伝社, 2016.08, 290p. -- (祥伝社新書 ; 480)
ISBN : 新<9784396114800> , 旧<439611480X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
元朝日新聞ソウル特派員が見た、驚きの韓国! 慰安婦問題で日韓合意が成されたが、10億円を拠出する「慰安婦財団」の行方など、残された問題は多い。韓国との溝(みぞ)。国交正常化50年を経ても、未だ埋まらない。隣国とはいえ、韓国の社会は日本とは文化も歴史も暮らし方も、まったく違うからだ。その違いを、学校教育、食文化、旅文化といった身近な事柄から知り、消えない「反日感情」の秘密に迫るのが本書である。日韓は同盟国ではなく、また同盟国になるべきではない、との著者の主張を裏づける、数多(あまた)の事実が本書には盛り込まれている。
○百万ウォンかかる小学校の児童会役員選挙戦
○「いただきます」がない給食
○子供相手の雄弁塾が大流行
○国内旅行は駅弁なし
○子を輸出する国
○夫婦げんかは他人に見せて聞かせるもの
○国を信じない国民
○ランドセルは軍国主義の残滓(ざんし)
○旅の基本は「おんな買い」……
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP