テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
武将が信じた神々と仏
八幡和郎監修
-- 青春出版社, 2007.5, 188p. -- (青春新書INTELLIGENCE ; PI-173)
ISBN : 新<9784413041737> , 旧<4413041739>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
彼らは何を祈り、そして戦ったのか。
命を賭したその生涯と信仰に迫る。
第1章 戦国の名将が信じた神々と仏(武田信玄—軍神・諏訪明神への深い信仰心;上杉謙信—自らを毘沙門天の化身だと信じた天才武将 ほか)
第2章 動乱期の武将とその信仰心(源義朝—鎌倉幕府初代将軍の髷に隠された観音像;平清盛—平家を繁栄させた武将が信じたもの ほか)
第3章 西洋の神を信奉した武将たち(大村純忠—長崎を開港した戦国時代のキリシタン大名;大友宗麟—北九州の覇者が夢見たキリシタンの王国 ほか)
第4章 武将を加護した神仏の霊験(真田幸村—敵を震え上がらせた「真田六文銭」の由来とは;山本勘助—守護神だった三面六臂の菩薩像 ほか)
第5章 自らが神や仏となった傑物たち(徳川家康—天下統一を遂げた戦国大名が望んだ神の姿;菅原道真—"怨霊"から生まれた天神様の無念の生涯 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP