テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
美女の骨格 : 名画に隠された秘密
宮永美知代 著
-- 青春出版社, 2009.5.15, 189p. -- (青春新書INTELLIGENCE)
ISBN : 新<9784413042369> , 旧<4413042360>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「美しい」には理由がある。
ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」—大人の骨格で描かれた幼いキリスト、ミケランジェロ「原罪」—生身の女性以上にダイナミックなイブの秘密、ルーベンス・裸婦像—ふくよかな肉体の下に描かれたものとは、ほか、レンブラント、歌麿、手塚治虫…の作品のまったく新しい見方。
はじめに 骨が美を語る「美術解剖学」
第1章 美しさの秘密は"骨"にあった("見た目の印象"はどこでつくられるのか?
顔はこんなに骨格の影響を受けている ほか)
第2章 絵画は骨格で読み解くと面白い(絵画の「顔の見方」は二つある
絵の具の違いが生んだ表現の違い ほか)
第3章 「美人画」が教えてくれる美の変遷(日本の美術解剖学の生みの親は森鴎外
鴎外後の美術解剖学の立役者たち ほか)
第4章 "美女の境界線"はどこにある?(顔が小さいほど美しい?
世界に通用する美女の共通点 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP