テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「いい人」はなぜガンになりやすいのか
最上悠著
-- 青春出版社, 2010.5, 204p. -- (青春新書INTELLIGENCE ; PI-274)
ISBN : 新<9784413042741> , 旧<4413042743>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
ストレスへの反応の違いで、なりやすい病気が違った!
頼まれると断れない、自分よりも他人を優先させてしまう、怒りを外に表すことができない…。
いわゆる「いい人」は、ガンになりやすいといわれています。
また、早口、早食い、人の話を最後まで聞けないといった「せっかちな人」は、心臓などの循環器系の病気に注意したほうがいいかもしれません。
本書では、性格と病気の深い関係、またそのメカニズムを解き明かしていきます。
いままでの健康常識が180度変わる1冊。
第1章 「いい人」はなぜガンになりやすいのか—気がつかないうちにストレスをためてしまう怖さ(がんになりやすい性格があった!;ローマ人も気づいていた"がん性格" ほか)
第2章 性格の違いとなりやすい病気がわかった—早口、大声の人がなぜ心臓病で倒れるのか(仕事のできる人は、心臓発作で倒れやすい;TVゲーム・マニアは、高血圧予備軍? ほか)
第3章 あなたが気をつけるべき病気は?—4つのタイプでストレス反応をチェック(あなたは"がん性格"か"心臓病性格"か?;4つのタイプ、その特性は ほか)
第4章 「性格を変える」よりずっとかんたんにできること—心のクセは行動でなおせる(自分の性格を自覚するだけでも大違い;「性格のせいにする性格」はNG ほか)
第5章 ストレスフリーな毎日で病気にならない!—今日からできるアクション・プラン13(会話に数字がよく出てくる人は、10数えるクセをつける;淋しいときは、過去の栄光に思いを馳せヒントを得る ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP