テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
新島八重の維新
安藤 優一郎著
-- 青春出版社, 2012.6, 221p. -- (青春新書INTELLIGENCE ; PI-360)
ISBN : 新<9784413043601> , 旧<441304360X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
幕末戊辰戦争-。新政府軍に対し、会津鶴ケ城から最新のスペンサー銃を持って戦った女性がいた。後に同志社大学創設者・新島襄の妻となる「山本八重」である。維新後、封建的風潮の残るなか、男女平等を望む八重の生きざまは世間から「悪妻」と罵られるが、夫襄は「ハンサム・ウーマン」と称した。日清・日露戦争時には、篤志看護婦として従軍する。八十六年の八重の生涯を通じ、歴史の敗者になった者たちの視点から新たな幕末・明治像を描く。
第1章 山本八重、会津に生まれる-幕末のジャンヌ・ダルク誕生
第2章 最初の結婚と兄山本覚馬-会津藩悲劇のはじまり
第3章 戊辰戦争の渦のなかへ-父と弟の死
第4章 故郷を去る-兄との再会と夫の死
第5章 新島襄との再婚-悪妻伝説の虚実
第6章 従軍看護婦への道-ハンサム・ウーマン新島八重
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP