テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
朝鮮民族を読み解く : 北と南に共通するもの
古田博司著
-- 筑摩書房 , 1995 , 220p. -- (ちくま新書 ; 021)
ISBN : 新<9784480056214> , 旧<4480056211>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
北朝鮮・韓国ともに“近代化”に向けてじつは共通の苦闘を演じている。
宗族を中核にした自分たち「ウリ」とそこから排除された他人たち「ナム」の間の深淵は埋められるのか。
かたくなな「儒」の世界と大らかな「野」の世界に接点はあるのか。
「恨(ハン)」はいかにして解けるのか。
朝鮮民族の根底にある思考行動様式を自らの体験に重ねあわせながら率直な眠で描きだす、真の理解のための一冊。
第1章 韓国人の人間関係
第2章 北朝鮮の古くて新たな挑戦
第3章 宗族か民族か「個人」か
第4章 ウリとナムの力学
第5章 理気の世界
第6章 「事大」と「小中華」
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP